exhibition
    info
    memo
    items
    original
    about
    

矢野義憲展

Img_32d04cf73550148e529a7e3d64b70884
毎秋の企画展となります。
矢野義憲 作品展

早いもので今年も巡り来ました。
矢野さんの今
を楽しみに是非ご来店下さい。


オブジェ
モビール …………










朝の光の中
ひとり静かな時間
雨の日の窓辺

静かな光のある風景に




In the light of the morning,
quiet time alone,
by the window on a rainy day,

The scenery there is a quiet light


 (Click!) 






9/15 土 --- 22 土
11:00 - 17:00
会期中無休

作家在廊 15.16









Kamali apartment presents 長く使い続けていく心地よい道具たち__リトアニア・ラトビア

Img_2243003ca589adc7b15161fcc306e40f
Img_5343e018bd716331ad0ea074187e90fe
今回の企画展では
リトアニア・ラトビアの生活の道具をご紹介します。

セレクションはKameli apartmentの安倍麻樹さん。
私にとっては今まであまり触れる機会のなかったものが多くて、
まきさんと出会った事をきっかけに知ったものばかり。
その道具たちをまずは使ってみることからでした。
特に手織りのタオルやブランケットなどは
使う、洗うを繰り返すことでその心地よさを感じます。
家族分とはいきませんが今はその一枚の心地が楽しみで繰り返し洗って使っています。

企画展の期間で、ラトビア・リトアニアの心地よい道具について知っていただくことからかなと思ってます。
今回届く主な製品について、フライヤーに読み物として掲載しています。
ゆっくり読んでいただいてから、実際に会期中触れていただけるといいなと思っています。
暑い日がつづきますが、ぜひ会期中みなさまのご来場お待ちしてます。


□期間中にはcrea-pa田中博子さんの夏のジャムと焼き菓子が届きます。
久しぶりなのでこちらもぜひお楽しみに!



Kameli apartment ______________________________
2012年に神戸にオープンした生活道具店。ラトビアやリトアニア、フィンランド、スウェーデンなどの北ヨーロッパ諸国と日本国内の生産者より直接買い付けた 上質で長く使える生活道具をご紹介してきました。
2018年より沖縄県八重山諸島のひとつである黒島に拠点を移し、伝統を継承した海外の生産者との ものづくりを通じて 日本の気候に合った使い心地のいい生活道具の企画と、美しい手仕事のセレクトを行っています。

WEB  (Click!) 
Img_52371948d11d0e5142c42f609e68fb86
Img_e8f2fe7ae103adf856886aef4659cb42
Img_fba70fabd0710ea3a3975fb9d436f67e
■ Linen Waffle Blanket ■  

扇風機をかけたままの夜や窓を開けたままのときなど、思いがけず明け方に寒くなる初夏や、熱帯夜のような暑い夜にはクーラーをかけたまま眠ってしまい寒くて夜中に目をさましたりすることも。しかしそんなときも、リネン100%のワッフルブランケットは使っていて常々いいなぁと実感している生活道具です。ふんわりと体を包み込みつつ、しっとりとした心地の良い重みが身体に優しくフィットしてくれます。
真夏の冷え対策は結構重要だなとここ最近の夏は特に思います。上記のような冷えとともに汗をかく日のことも、両方を考えなければなりません。
クーラーが苦手で、すこしでも自然の風でという方だと 寝る時にでる汗は想像以上かもしれません。暑くて汗が大量にでる夜でも、お腹だけは守ってもらいたい。そんな時も、さらさらと肌触りの良いブランケットがきもち良いです。使い込んでいけば吸水性もさらに高まります。
冬は肌掛けとしてメインのお布団とセットでかければ、あたたかくさらっとしたきもちの良い眠りに。
そして暑い夏場の使い心地は、それはそれはいいものがあります。肌掛けにするだけではなく、敷いてその上に横になるのも、最高の心地よさです。
きっとこの きもちのよいブランケットは、一年中 手放せない生活道具になることでしょう。



■ Hand-woven Linen Towel ■

昔リトアニアでは機織りは花嫁修行のひとつだったというお話をききました。お嫁入り前にはリネンで長い長い布を織り、結婚後はそれを少しずつ切りながらタオルとして使うという風習があったそうなのです。
ヨーロッパのリネンは、その繊維の中にある成分により汚れが落ちやすいという性質があります。コットンのようにカビが生えたり匂いがつきにくいので寿命も長く、いい素材から作られたリネン製品は何十年とつかえると聞かせていただいています。
上質なリネンは使い込んでから10年後が一番いい状態になるのだそうですが、私もまだ10年以上使っている上質なリネンはありません。それでももう既に、手を拭く、体を拭く、そんな些細なことがこんなに嬉しい気持ちになるとは。と驚きの日々です。
リネンの繊維が付着する場合がありますので、フェイスタオルのサイズならばはじめはキッチンやバスルームのハンドタオルとして、使い込んで吸水性が高まってきたらフェイスタオルとしてお使いいただのもよいでしょう。
リネンは水で洗うことで糸の強度が増し、時が経てばしなやかな肌触りを感じることができます。キッチンなどで短時間に何度もお使いになるような場所では、手を拭くときに感じるストレスが減ることでしょう。

使い始めはお洗濯の際リネンの繊維がふわふわと落ちてくる可能性があります。洗濯機で洗うときはネットに入れて洗います。細かい目のネットであれば繊維は他のものに付着せず、逆に目の大きなネットに入れれば他の洗濯物の糸くずとともに集め捨てることもできます。他の洗濯物との様子をみながらネットを選んでみるのもよいでしょう。乾かすときにははじめのうち、繊維がたくさん落ちることが予想されますが、何度も洗いを重ねることでそれも徐々に落ち着き、風合いや色味もよりナチュラルな状態へと変化していきます。使って育てて、10年20年とお使いいただけたらと思います。



■ Baskets made of willow ■

やなぎのつるそのままを使って編まれたバスケット。ラトビアの昔ながらの道具です。
しっかりと編まれた丈夫なバスケット本体に、曲木の製法で形成された 表皮がついたままの枝を使った持ち手が特徴的。森の色がそのまま映し出したされたような、緑とも、茶色ともつかない美しい自然の色合いが魅力です。
よくみると持ち手の内側にうすく削りが入れられてあるバスケットがあります。それは、重たいものを入れても安定し、より持ちやすくするため。また、編み終わりは底面の外側で終わることにより枝の切り口が中のものに当たらないので傷がつきにくく、布ものは引っかかりにくいなど、使い手への配慮が随所に感じる構造です。
用途によって様々な形をお選びください。
コロンとした丸い形は見た目にも可愛らしく、野菜のストックやディスプレイにお使いいただけるでしょう。
横長で大きめのバスケットや底がフラットのものは比較的安定感があり、キッチン道具のや食材など並べて収納したいものなどにもお使いいただけます。安定感のある形は持ち運びにもとても便利です。私の住む島では、グラスや食器類、水筒やランプなどを一気に詰め込み海辺のバーベキューの際に重宝しています。お弁当箱を平らに並べて運ぶ時などにもよさそうです。
底面と並行した持ち手の形のものは、お部屋に置いても甘くなりすぎずにスタイリッシュな印象を与えてくれます。
一番大きなバスケットは、存在感がありますね。ゆりかごとしてお使いになるお客様もいらっしゃいます。お店なら、たっぷりの食材を入れてディスプレイするのもいいですね。



■ Hand woven Rug ■ 

キッチン、エントランス、廊下、バスルーム、トイレ、洗面台、ヨガマット。
ラグの、道具としての使い方。
汚れたり常に行き交う場所だからこそ、汚れるのを待って捨てる「使い捨て」のものよりも、美しく、汚れたら洗って経年変化を楽しめる道具を使いたいもの。
リネンのラグはお家で丸洗いができるので扱いやすく、汚れる場所でも気になりません。
棚の前、鏡の前、リビングの中心、ベッドサイド、タペストリーのように壁に飾る。
空間を引き立てるものとしての使い方は、道具でもあり、また美術品とも呼べるラグの素晴らしさを感じます。
一枚一枚、職人さんの手により織られたラグは、全てが世界に一枚だけのもの。たとえ色目が一緒であっても、同じ織りはありません。
シンプルなスタイルの家の中に カラフルなラグで色遊びを楽しんだり、絵画を楽しむように選ぶのもよいでしょう。
また足で触れた時の感覚は、幸せを感じる瞬間でもあります。たとえスリッパや靴下を履いていたとしても、なんとも言えない気持ちのよい感覚が伝わって来るのは私だけでしょうか。
日常の中で感じるそんな些細なことですが、美しい手仕事の道具を使える喜びです。
リネン100%でもリネンウールのラグでも、どちらも一年中気持ちよくお使いいただけます。


Img_1f5da9cba8fb7822d4d9a8874d225747
Img_2d1c3568d1f7f72761038bcd67dfb882
Img_339d56341a90aa171628619905fd4ead
■ Hat & Bread Basket ■

川辺に育つ葦から作られるこれらの道具は、昔のラトビア人やリトアニア人なら誰でも作ることができたという民芸品です。
今では作れる人も減り「おばあちゃん」と呼ばれる世代の方たちがわずかに残っているほどです。
素朴な印象の帽子は飾っているだけでもその佇まいにうっとりするほど美しいですが、実用品としてももちろんお使いいただけます。
またパンカゴとしての用途が主流の浅型バスケットは、Kameli apartmentでは同じ形の蓋をつけてもらい、蓋つきの小物入れのような使い方のご提案もしています。ポプリを入れて玄関先に置いたり、お裁縫道具入れにするなど、いつも身近に置いておきたい道具になりそうです。

■ Soft & Light Linen Shawl ■

ジメジメとした夏に、カシミアのような肌触りと、羽のような軽さを併せ持つリネンのストールをふわっと羽織るここちよさ。プレミアム品質である、リネン繊維の一番やわらかな部分を使ったストールです。
透き通るほどの繊細なつくりではありますが、夏の暑い季節には日よけとクーラー対策として力強い味方に。またシックで落ち着いた色目は 季節ごとの温度調節にも便利ですので、春先~秋口まで長く活躍してくれそうです。
お洗濯は手洗いで優しく。植物性の洗剤をお使いいただくか、洗剤なしで洗っていただくのがよいでしょう。

■ Linen Clothes ■

リトアニアの工房から届くこのお洋服たちは、季節を問わずに幅広い場面でお使いいただけるデザインが特長です。
夏はとにかく涼しく、風が身体のなかを通るかのようなさらっとした着心地。冬は、ニットなどと重ねることで温かみのある軽やかな装いになります。
とにかく汚れたらじゃぶじゃぶ洗えるのがリネンのお洋服のよさ。普段はリネンのシワも気にせずに袖を通し、汚れたら洗う。すぐに乾くのも嬉しいところ。(夏であれば午前中で乾いてしまうことも!)
すこし改まった場所にはアイロンをかけたハリのあるリネンに、シンプルなアクセサリーをひとつ。

霧吹きでさっと水をかけハンガーに吊るしておいたら それだけでしわも目立たなくなるので、旅行先でもきっと重宝します。



■ Hand-woven Linen Bag ■

ラトビアやリトアニアの伝統を受け継いだ工房にて、職人さんの手により一枚一枚織られた上質なリネンの布を 日本で丁寧に縫製しています。持ち手には家具の座面に使われる強度の高いリネンの紐を採用しています。

身体にそうように身につけられるショルダーバッグ。紐を短く結べば小さくまとまりハンドバッグのサイズに、さらに短く結ぶと着物やドレスなどに合わせてもお使いいただけます。夏は涼しく感じられるリネンの織布ですが 冬のあたたかなコーディネートとも相性がよいので、季節やシーンを問わずにお使いください。シックなパターンは、男性のお客様にもお喜びいただいております。

水で洗うと糸の強度が増していくリネンは使い込むことで10年後が一番美しくなると言われています。シンプルな構成ですが隅々まで工夫を凝らし、サイズに個体差がある織り布ですので使いやすいようひとつひとつを丁寧に縫製していただいております。
ほつれたら繕いながら、よごれたら丸洗いをして、20年後、30年後にも大切にお使いいただけるようにと願っています。
今回の展示会では新しいアイテムをご覧いただく予定です。



____________ Tradition of Lithuanian Linen

リトアニアやラトビアでリネン製品に出会ってから、吸い込まれるようにリネンにのめり込んでいった私。買付けでリトアニアを訪れていたある日、改めて、なぜリトアニア製のリネンと呼ばれるものはこんなにも質がいいのだろう?と生産者の一人 ヴィルジニアに尋ねると、彼女の第一声はこうでした。

「リトアニアにはリネン製品の伝統がある。」

リネンの原料になるフラックス栽培だけでなく、その加工の工程にも歴史があり、糸づくり、生地づくり、デザイン等、製品にするまでの過程全てに歴史がある。と彼女は教えてくれました。
そして品質としてはこの土地の気候や土壌などの様々な理由から、アジアや他の土地で栽培されたものと比べて繊維が細く、長くて、強い。色も濃い。製品にした後も丈夫で何十年も使えるのだと言います。
最近では近隣国、例えばベラルーシなどでもフラックスは栽培され原料として輸出されているのですが、それらの国には加工や糸の性質を見極めたデザインの歴史がまだ少ない。彼女の言うデザインとは単に見た目という意味ではなく、いかに製品として使い心地のよいものを作れるかということであると思うのですが、その様な理由から、質のよい製品を作るために他国メーカーがリトアニアの工場を買い取り、リトアニアの職人さんを抱えている会社もあるのだと知りました。今や 製品ラベルの原産国表示からでさえも、リトアニアの文字が消えつつあるのが現状です。リトアニアがEU加盟国となった現在その現象には拍車がかかり、リトアニア人の運営する工場は減少の一途をたどっています。リトアニアの一般家庭でごく当たり前に使われていたリネンの価格が高騰し、安価なコットン製品に置き換えられてきているようです。「コットンはリネンより安いからすぐ買えるけど、リネンだったら何年も使えるし育っていく。だから本当は家庭でつかうタオルや寝具は全てリネンにしたい。」そんな思いをもつのは私たちだけでなく、今やリトアニア人にとっても同じようです。
製品をお取り扱いさせていただいているリネンメーカー Jurateの方々からは、誇りを持って後世に伝えられるMade in Lithuaniaを広めたい。そんな強い信念を感じます。
使ったらこのタオルはどんな風に変化するのだろう。以前よりなんだかしなやかになってきた気がする。吸水性が増した様な・・・。など、そんな風にリネン製品の変化を思い切り楽しむことができるのも、彼女たちの熱意のおかげだと感じるのです。
Img_d2eb8f157be3b244d7cf4468c665483f
Img_50c1858dd415e27dac6228c0200b1ee5


■ LAIMA CERAMICS ■

ラトビアの首都リガから車で約2時間、 広大な敷地の一角に彼女の工房はあります。先祖から譲り受けた古い家、それを改装した工房からの景色はとても美しく、窓には木々の影が揺れています。ラトビアの景色や空気、二頭の馬、猫と犬、家族、地域社会、ライマの周りにある全てが、彼女のインスピレーションのもとであるような気がします。

研究熱心な彼女はいつも何か新しい試みに挑戦しています。
彼女の作品のバリエーションは様々で、ある作品は限りなく深い海のようだったり、またある作品はまるで古代から存在する器のようだったり。同じ色や形、2度と同じ作品はないのだと思うと儚さすら感じる、それはまるで彼女のなかに存在する宇宙の表現体のようです。

ひとつひとつろくろで成形した作品は、ラトビアの伝統的な薪釜を用いて焼成します。昔ながらの製法と現代的なデザインの融合により完成される作品たちをぜひご覧ください。


__________________________________________________________________________________________
__________________________________________________________________________________________



Kameli apartment presents
長く使い続けていく心地よい道具たち__リトアニア・ラトビア
8 /4土 - 12日

会期中無休
12:00ー19:00
※会期中は営業時間を変更しています。







NONAKA FUKIKO EXHIBITION

Img_42f86eb53670fc027e12e19a987cd843
Img_cd44f6348e0466c07038fc5a9cfe36f9
フキさんの作るものは
いつも楽しげでどこか便利。
使っていて
なるほどねと思う形だったりします。

DMになったバッグも
持ち手が2タイプの2ウェイバッグ。
単に便利なだけじゃなくて、
持ち方が変わるとデザインも違うものになります。
なるほどね。

そして色合わせが
フキさん独特のセンス。

今回のテーマは
真ん中。
男性でも女性でも
持つ人のスタイリングでどっちにもぴったりしっくりくる雰囲気。
そんな真ん中なバッグたちが並びます。
ぜひカップルでご夫婦で取り合いっこしながら使っていただきたい。


【会期中EVENT】
□15sun □

1DAY CAFE  ケーキセット ¥800

村上レシピ / DRINK〈coffee......and more
Small Valley Dessert company / CAKE〈レモンケーキ・ガトーオーフリュイ・杏のチーズタルト〉
 
会期2日目の日曜日は1階アトリエスペースにて1日喫茶オープン
フキさんも麻衣さんも私も大好きなのぶこさんのケーキ。
みんなでSmall Valleyにて打ち合わせをして、
結局私たちがのぶこさんのケーキ食べたいのだよねと話しつつ決まった企画。


□14sat −16mon □ 
 
3DAYS STOCK NOW FO LEMON CAKE ¥1300

フキさんのおすすめ Small Valleyのレモンケーキをご予約販売致します。
        ぜひとも沢山の方に食べていただきたい!
        3日間のうちお受け取り可能な日をメールにてご予約下さい。
        お名前・ご連絡先・お受取日・数量
terceiro.message@gmail.com